ほんとう!アサヒペンの購入をご検討ならココ~!プラスチック

商品は張りやすくて破れにくくてとてもいいです。しっかりと位置決めし、均等に、まっすぐ、ゆっくりと、コロコロ転がす、注意点はこれだけです。破れているところめがけて猫が突っ込んでくるので、さらに硬いプラスチック障子に変えることに。

コスパ最強と噂の♪

2017年04月03日 ランキング上位商品↑

プラスチック アサヒペンUVカットプラスチック障子紙 無地 94cm×4.3m【楽天24】[アサヒペン 障子紙]

詳しくはこちら b y 楽 天

これさえ出来れば簡単で、満足度の高い仕上がりが得られると思います。破れにくい障子を貼っていましたが、3年の月日を経てさすがに穴が開いてきました。思ったより貼りやすくてよかった一般的な紙から!丈夫で長持ちのプラスチック障子紙の張替えをしました。紙のように、あとから霧吹きなどで水を吹き、ぴーーーん!と張る作業にほとんど効果がないため、作業は紙よりも難しいかもしれません。作業の仕方がわかりやすく書いてあったので綺麗に初めての障子の張り替えができました。効果抜群です。冷暖房効率UPと!夏場の西日対策に!効果を期待しています。。これに両面テープ分の厚みが入りますので、雪見障子などの場合には、さらなるコツが必要だと思います。猫を飼っていますが、破かれませんので、ペットのいるご家庭にはおすすめです。同じ商品の!2.15mのものと同時購入。4.3mから3枚、2.15mから1枚、貼り替える予定です。専用の両面テープは厚みがあり!十分な粘着力もあるため!シワがよったときの貼り直しは難しいようですので!逆ロールや延ばす作業で!無駄に折り目や不均等なカール(ロール)を作るべきではないでしょう。商品説明には「はがれにくいよう、逆にロールさせたり、延ばす」などが記載されていますが、これは完全に無視するべきです。コツとしては、ロール状の障子紙を、そのまま、引っ張りすぎないよう転がすこと。引っ張り過ぎないよう!ズレないよう!しっかりと固定する。ただし、プラスチック障子紙と紙を比較すると、多少厚みがあります。他社のものよりも貼りやすいです。最初の位置決めさえしてしまえば!あとは均等にコロコロしていくだけなのですが!最初の位置決めがとても大切。年末に頼んで1月2日に届いたので次の日に障子の張り替えをしました。